読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちきに

主に映画やバンドあとは買ったものとか。不定期に書く

オランダ旅行6

前日泥のように眠ったことと、最終日という事でこの日は早起き。

「今日で最後かあ〜」なんてしみじみ思いながら会場に到着。

3日目はけっこう俺の見たいバンドばっかり。

 

まずはポーランドのゴアグラインドバンド、SQUASH BOWELS。ジリジリ歪んだギターをバックにゴア特有のピッチを下げたゲボボーカル。

忠実な音作りでけっこうモッシュ起きてて楽しかった。

やっぱりゴアグラインドのドタバタ乗りは勝手に身体が動いちゃうね〜。

この日は2人体制でした。

 

次にフィランドのデスメタルバンドDemilichを見ようとしたんだけど・・・唐突な腹痛に見舞われてパス。本当悔しかった。ちなみにフェスの便所、めちゃめちゃ汚い。

f:id:nchbri:20161203135148j:image

トレインスポッティングに出てくるスコットランド1汚いトイレを彷彿とさせる。

 

足早にメインステージに移動。

これも結構見たかったバンド、GRUESOME。

EXHUMEDのギタボや他けっこう著名なアーティストで作られたオールドスクールデスメタルバンド。

もうね、これがびっくりするくらいかっこよかった。

サウンドチェックの時点でワクワクして、そのままの流れで1曲目スタート。

思わずつんのめりそうになる程グルーヴィー!!

汁が垂れ落ちてきそうなドロっとしたOBITUARYっぽいリフがけっこうあって聞き応え十分。

プログレ?そんなもん知らん!」と言わんばかりの強引な疾走感を目の当たりにして、惚れ惚れでした。

2015年結成なんで相当このバンドがしたかったんだろうな〜。

この日のトリを飾るAUTOPSYにも負けない勢いだった。

 

話が変わるけど海外のフェスはやっぱりセキュリティーだけ異常に厳しく、中はそこら中ゴミだらけで無法地帯でした。

f:id:nchbri:20161214005146j:image

あれだけビールが飛び交ってたら当たり前っちゃ当たり前の出来事なんだろうけど、日本人にはびっくりの光景。

 

 ここから次のメインステージのバンドまで2〜3見たんだけど、割愛。

あとこの間にお土産をガバっと購入したんで強引に自慢します。

f:id:nchbri:20161214005549j:image

左からJIG-AI、Gutalax、LDOH。

出演バンドではないけど日本じゃ中々お目にかかれないんで即買い。

f:id:nchbri:20161214005715j:image

初日に出演したKraanium、伝説のモッシュゴアGUT、日本のゲロ絵で有名なSTOMA。

大体ゴアグラインド〜グラインドコアでKraaniumは知り合いへのお土産。

外国のマーチはやっぱり2000円前後だからついガバッと買ってしまうけど、これも旅行の醍醐味。

 

GRUESOMEの興奮が冷めないうちにまたメインステージに。

この日の日本人枠、東京のオールドスクール暗黒デスメタルバンドCOFFINS!!

正直言ってこのフェスで1番見たかったバンドかも知れない・・。

俺たちの興奮を煽るかのようにサウンドチェックの時点で人はパンパン。

迷うことなく最前列へ。

 

f:id:nchbri:20161222224457j:image

 

いや〜死ぬほどかっこよかった。オールドスクールデスメタルを軸にドロッドロしたスラッジ/ドゥームパートで、一気に地獄に叩きつけられました。

日本のバンドをオランダで見るってよく考えるとかなり感慨深い。

同じ日本人だとかお世辞とか抜きに圧巻のパフォーマンスだった。

俺の好きなTyrantを聴けたのが最高!

流石に最終日はモッシュする体力はなかったけど、後ろの方はかなり盛り上がっていた。

気になる人は調べて見てください。ロシアでのHELLFESTのライブがかっこいいです。

終わって物販に直行したら、なんとCOFFINSのマーチほとんどなかった・・。

それだけ盛況だったって事だね。

 

一旦新鮮な空気を吸いたくなって外へ。

すっかり夜で街なんかは少し寂しい雰囲気。

f:id:nchbri:20161222225145j:image

 

 戻ってビール片手にブート行ったりウロウロしてた。

流石に3日連続全通してたら売り子の人が顔を覚えてくれていたらしく、少し喋ったり何故か日本食について質問攻めにあった。

あと画像はないけど喫煙所が2つあってそのうちの1つが中からメインステージを全貌できるお洒落な感じでよかった。

 

そしていよいよこのフェスの大トリAUTOPSYの出番!

どこで見るかで迷って結局最後という事で二階からゆったり見ることに。

前列にいると背伸びをしないと見れないドラムまでバッチリ。

なんたってこのAUTOPSYはドラムボーカル(しかもめっちゃキレある)

二階から見下ろしてたら早くもテンションがマックスになった屈強な外国人が取っ組み合いやビールを掛け合っていて、始まる前から地獄具合が伺える。

 

ドラムボーカルの「We are AUTOPSY!! I will play DEATHMETAL!!!!」というエコーがかかった掛け声と共に一気にスタート。

f:id:nchbri:20161223003147j:image

たまげたなあ。初っ端から1st縛り。

しかも驚異のブラストビート+ドラムボーカルなんだから凄すぎる。

全くカラッとしてなくむしろ滴り落ちる粘液のようなドロドロドゥームパートはやはりピカイチ。

このバンドにどれだけの人間が影響を受けたか・・。

大トリというだけあってやはりライブでの空気作りもバッチリ。

謎のドラムソロなんかもあってかなり見応えがあった。

個人的には1stの曲を惜しげもなく披露してくれたのが相当嬉しかった。

ドラムボーカルがセキュリティに「もっとやらせろ!」と言い、押しに押してアンコール含め50分前後。圧巻のパフォーマンス。

途中横にいたゴツいスキンヘッドの外国人と肩を組んでノリノリだった。

爆走パートの時なんか2人でピョンピョンしてた。

日本じゃあまりこういう経験がないんでとても印象に残ってる。

 

これにて3日間の暗黒の塊みたいなフェスが終了。

次はチェコのOEFかメリーランドに行って見たいな。