読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちきに

主に映画やバンドあとは買ったものとか。不定期に書く

オランダ旅行5

フェスの2日目。いよいよ中盤編

早めに起きてホテルのレストランで、豚みたいにデカいサンドイッチを食っていざ会場に。

 

 この日はブラックメタルやクラスト寄りのバンドが多かったので、殺人鬼やヒッピーみたいな格好のやつらが多くてすげえ怖かった。

f:id:nchbri:20161125020454j:image

 

2日目となれば見たいバンドも各々違うし、別行動しようという話になった。

 

最初に見たのはイギリス出身のデスメタルバンドCRUCIAMENTUM(個人的にロゴが割と好き)

 

デスメタルを軸にスラッシュやスラッジっぽいリフを織り交ぜていく手のバンドで、陰鬱でドロドロパートと爆走パートの切り替えが心地よかった。

大好きって程ではないけど、普通によかった。

 

ビール飲んで物販スペースで膨大な量のCD片手にとったりしてたら、この日のお目当日本のABIGAIL!

 

スラッシュ/ブラックメタルバンドで俺が産まれる前からやってて、結構海外での人気も高いみたいでこういうデカいフェスにも日本から呼ばれてたりする。

 

俺はブラックメタルは結構疎いんだけどこのバンドは本当にかっこいいと思うし、九州にいたら中々見る機会がなくてテンションあがった。

 

メインステージで圧巻のライブでした。

言うまでもなくかっこいい。

結構後ろの方までパンパンで、客のリアクションも相当なもの。

Satanik Metal Fucking Hellやり始めた時は、鳥肌立ったな〜。

是非とも福岡に来て欲しい。

 

フェスの会場は広いようで案外狭いんで、別行動してても結局会ったりして遅い昼飯を食いに行くことにした。

 

f:id:nchbri:20161125022823j:image

会場の近くにあった馬鹿でかい教会?的なやつ。

みんな写真撮ってたんで有名なのかも。

 

米が無性に食いたくなった我々は、飲食街にあった寿司バーなる店へ吸い込まれて行った・・・。

 

寿司バーというものは2500円ほど払えば昼はネタなんでも食い放題という一見コスパがよさそうなシステム。

 

早速お茶と一緒にカニや玉子、巻き寿司なんかを頼んでみる。

運ばれてくる炭酸入りのリプトン…

そして…

 

f:id:nchbri:20161201013705j:image

 

なんだこれ。カニがコンビニにあるようなカニカマだし玉子焼きにソースがかかってる。

巻き寿司はそこそこでした。

店の名前がSUMOUだったんで、そこから引っかかってたけど(笑)

まあ社会勉強になりました。許さねえ

 

ハコに戻って外国人と少し喋ったりした(あんまり理解できなかったけど)

f:id:nchbri:20161201031105p:image

 新婚旅行で日本に行ったとか。

(おめでとうございます)

オランダ人というかこっちの方の人達は案外気さくに話しかけてくれたり、ビールを奢ってくれたりとても優しくてほっこり。

 

今日出演してたABIGAILや、明日メインステージで出演するCoffins(日本のドゥーム/オールドスクールデスメタル)のメンバーなんかとも話したりした。

やっぱり同じアジア人同士、お互いめちゃめちゃわかりやすい。

THANTOSっていうバンドは見た方がいいよって言われたので、見に行った。

 

ちょうどサウンドチェックを終えてていざスタートって感じで、グッドタイミング。

地元のバンドらしく狭い会場がぎっしり埋まってる。イカついスキンヘッドのギタボと絡み合う激烈デスラッシュパートでかなりよかった。この日1かも。

 

あと見たのはRAZOR、REVENGE、そしてこの日のトリBLASPHEMY。

この辺の音楽は疎いんだけど、デカいステージで見るとやっぱり圧も迫力もそんじょそこいらと違ったな〜。

f:id:nchbri:20161201032414j:image

勉強して行けばよかった。

あとこの日はPigDestroyerとかWORMEDも出てたのに見逃した(泣)

今書きながら実感してるけど、もっとタイムテーブル把握して動くんだったなあ。

 

ハコの外の光景ってやっぱり全世界共通なんだね。面白い。

f:id:nchbri:20161201033056j:image

 

電車で帰ってそこからタクシーを使う予定だったけど、降りた所が無人駅でもう終わった、いよいよFALLOUT3って感じで2時間くらいタクシー探したけど、どうやら都市高速っぽいとこでトラックとか業者のバンしかいない。

 

諦めて歩いてたら真夜中にズンズン音が鳴り響いてるヒップホップっぽいハコの前に着いた。

そこら辺にいた外国人が見慣れない日本人に対してなのか「どうした?」みたいな事を聞いてきたんで、事情を説明。

どうやら歩いては行けないっぽい。すると「俺たちが5分1000円で乗せてやるぜ」みたいな事を言い出した。

俺はもうこの時点でおいおいマジかよ・・・って感じなのにツレはその気満々で、気づいたらそいつらの車に。

 

大麻と酒の匂いがごった返す車内の中で十字を切りそうになった。しかも運転するやつにいたっては、相当呑んでる。

「拳銃を向けられたらどうしよう」「道が全然違う」なんて事を考えてたけど、結果すんなりホテルに着きました。

(下道だからルートが違うのは当たり前)

 

25分くらい乗ってたけど1000円でいいよだって。なんだめっちゃいいやつじゃん!

 

安心したせいもあって、この日は馬鹿みたいに熟睡できた。